×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

        独学 宅建 & 行政書士 一発W合格への道。


Click Here!

Home > コラム > 受験生の為のブックストア比較

5月19日


独学を目指す方にとってかかせないのが、市販のテキスト類です。そして、どのテキスト、問題集を選択するか、というのは、当然ながら受験生のその後の受験生活に大きな影響を与えます。そんなわけで、充分に比較検討を重ねて購入を決断すべきだろう、とヒロシは思います。比較検討するときに一番頼りになるのは、やはり自分の目です。自分自身にしかわからないフィーリングというのがありますから、近所の本屋さんで一度手に取ってみて、これであれば、飽きずに使いこなせそうかな、と実感したものを買うのが一番いいような気がします。

しかし、いくら宅建、行政書士がメジャーな資格だから、と言っても、かなり大きな本屋さんでないと、種類が揃っていませんし、また、関連の書籍のほとんどを揃えている、といった本屋さんもそう多くはないでしょう。そんなわけで本屋さんに在庫のないものは、当然手に取って検討することも出来なければ、そもそも、その存在を知り得ないので、我々の選択肢の中に入って来ません。そんな時に役に立つのが、インターネットのブックストアです。これらのストアで検索を掛ければ、関連書籍はほとんどピックアップされます。ですから、本屋さんでテキストを買った後に、こんなテキストあったんだ、等と後悔することがあまりありません。また、書籍によってはユーザーのレビューが載っている場合がありますが、このレビューは立ち読みの感想ではなく、実際にその書籍を買って、一通り目を通した人の感想として書かれているので、立ち読みではわからない、その本の実態が見えてくる場合があります。

そんな訳で、ヒロシとしてはテキストの選定にあたる際、私のサイトの様な過去の受験生のサイトを参考にしつつ、まずインターネットのブックストアで、実際にどんな本が出ているかアタリをつける、そして本屋さんに行って、実際にその本を手にしてみる、というのが一番いいような気がします。

さて、では実際に購入する時はどうするか? ネットでアタリをつけた本が近所の本屋さんにあって、それを手に取って見てみたところ、良さそうだった、というのであれば、その場で買ってしまうのが一番手っ取り早いです。しかし、本屋さんに在庫がなかったり、あるいはシリーズ物の1冊目を買ったところ、気に入って、2冊目以降は内容を確認せずとも買いたい、といった場合はインターネットのブックストアを活用する、というのも選択肢の一つだと思います。ネットで買い物、となると送料が気になるところですが、大体大手ストアの場合、1500円以上の買い物で送料無料となっています。受験参考書で定価が1500円を下回るものはほとんどありませんから、実際には街の本屋さんと同額で買い物が出来る、と言ってもいいでしょう。

・・・話が長くなってしまいましたが、ヒロシもネットで本をよく買うものですから、そのあたりの経験も含めて、大手インターネットブックストアの比較をしてみたいと思います。

インターネットブックストアの比較

本 Amazon.co.jp
ご存知、インターネット通販大手のアマゾン。書籍のみならず、DVDから玩具まで取り扱う品種が多数あります。
他社より優れている点:
最大手だけあって、ユーザーの書評がついている割合が一番高いです。他のストアで書評がついていなくても、アマゾンではついている、というケースがよくあります。また、若干古い本ですと、新品と同時に中古本が出品されている場合があります。
 
セブンアンドワイトップページ

セブンアンドワイ
ヤフーとセブンイレブンが提携して展開する本、CD、DVDを扱うストアです。
他社より優れている点:
近所のセブンイレブン受け取りにすると、1500円以下の本でも送料無料になります。この場合、代金も受け取り先のセブンイレブンで支払うので、クレジットカードが不要です。ヒロシの場合、1500円以上の本でも、クレジットで後払いのするのが嫌なときによく利用します。
 

楽天ブックス
楽天の書籍専門のインターネットストアです。
他社より優れている点:
100円に1ポイントの楽天スーパーポイントが付きます。こちらは楽天ブックスにおいては使用できませんが、他の楽天市場のショップにおいて1ポイント1円にて使用可能です。また、サイト独自企画も一見の価値ありです。下記バナーから見ることが出来ます。



Home
< P R > TG−アフィリエイト募集中!